トップ / 葬儀の準備をしておこう

葬儀の準備をしておこう

葬儀の在り方とは

宗教の違いがある時の葬儀

家族間でも、親子や兄弟で信仰する宗教が異なるということがあります。それぞれの家庭で事情がありますので、正しい解決策はありませんが、葬儀にはいろいろな方法があります。故人の意思を尊重するため故人の宗教。家族葬や無宗教葬、友人葬など、形は様々です。喪主は故人を思いやり、残された家族や関わりのあった人の意見を尊重しながらの判断を必要とします。形態そのものを簡略化することはあっても、「葬儀を全くしない」のは、 まだまだ極少数派でしょう。今は形式に囚われず、様々な方法があります。

衣食住

葬儀の際のマナーについて

冠婚葬祭でマナーを示すことは大切です。特にマナーが求められるのが葬儀です。亡くなった故人と、その遺族がその場にいますので、非常識な態度や失礼な態度はとらないようにしたいものです。守る必要があるマナーは、幾つかありますが、その一つが葬儀にふさわしい装いをすることです。服装、髪型、アクセサリー、バッグ、靴など自分の身につけているものを鏡の前で確認してみましょう。奇抜だったり目立ちすぎたり、身体のラインが出ていないでしょうか。そういったことをきちんと確認してからでかけるようにしましょう。

↑PAGE TOP